テニスの上達法と練習方法

テニスのサービスリターン(レシーブ)でネットミスが多い人の原因と対策とは?

どうしても試合になるとリターンをネットに引っ掛けてしまう…。

このようなお悩みを抱える人は少なくありません。

そもそも、リターンは相手のサーブを返すことが目的である守備のショットなので、アウトやネット等のミスがある程度出て当たり前です。

しかし、連続して同じようなミスをしているのであれば、なにか対策を練らなくてはいけません。

今回は、サービスレシーブが不安定で特にネットミスが多い人の原因と対処法を解説します。

ただ漠然と「リターンは苦手だ!」と決めつける前に、どのようなミスが多くて、その原因は何なのかを突き止めることが重要なのです。

あなたがサービスレシーブでネットミスを連発する原因と対策とは?

まず、リターンのネットミスには、大きくわけて2つのパターンがあります。

「勢いよくネットの白帯付近にパチンと当たるミス」もしくは「当たりがカスカスでネットの下の方に勢いなく吸い込まれるようなミス」です。

前者は、ネットしている=打点での面の向きが多少下向きになっていることがミスの原因です。

相手のサーブに押され、少し打点が遅れているか、テイクバックの時点で打点の面が正確に作れていないかのどちらかの可能性が高いでしょう。

ただ、勢いよくボールが飛ばせている=ラケットの真ん中で捉えられている、ネットの白帯付近に当たっている=面の方向やタイミングも大きくずれていないという証拠なので、少しのずれを調整出来れば良いレシーブを返すことが出来るでしょう。

一方で、後者はリターンの基礎が身についていないことがミスの原因です。

このままサービスリターンの練習をし続けても、なかなか上達することはできないでしょう。

なぜなら、ボールが飛ばない=ラケットの真ん中に当たっていない、ネットの下の方に当たっている=面の向きが大きくずれている証拠だからです。

まずはリターンの打ち方の基礎を学んで、それを実践してみてください。(関連記事:【保存版】リターン(レシーブ)の打ち方

まとめ

レシーブは相手のサービス力に依存する技術なので、ある程度ミスが起きても仕方ないショットでもあります。

だからこそ1本でも多く返せるようなシンプルな技術を身につけることが重要です。

また、自分のミスはどのような傾向があり、なぜそのような傾向が出るのか原因を探り、その原因をどうすれば解消できるのかを考えることはテニスの上達には欠かせない能力です。

ただ、このような考え方をするためには、テニスという競技や各ショットのセオリーを理解する必要があります。

当サイトでは、【保存版】と付いた記事でテニスのすべてのショットのセオリーを解説しているので、ぜひ一度読んでみてください。

関連記事

  1. 【保存版】テニスのリターン(レシーブ)の打ち方(フォーム)

  2. テニスのサービスリターンを確率良く返すためのコツとは?

  3. テニスのサービスレシーブを確率良く返すためのコツとは?

  4. テニスのブレイクの鍵!セカンドサーブをリターンで強打するコツ

  5. テニスのリターンのときのグリップの握り方とは?

  6. テニスのレシーブのときのグリップの握り方とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP