テニスの上達法と練習方法

テニスのバックボレーの正しいグリップの握り方とは?

今回は、テニスのバックボレーに最適なグリップの握り方について詳しく解説していきたいと思います。

ボレーは、初心者から上級者までレベルに関わらず身に付けるべき基本のショットであり、多くのテニスプレイヤーにとってポイントを決めるためのショットの1つです。

そのため、正しいグリップで理にかなったフォームをしていなければポイントを決めきることができず、試合の主導権を自ら手放すことになるでしょう。

またボレーが得意であれば、ネットプレーやダブルスの前衛で相手にプレッシャーをかけ、ミスを誘うことも出来るでしょう。

あなたはボレーに対して苦手意識を持っていませんか?

実は苦手の根本的な原因は超基本のグリップの持ち方にある可能性があるのです。

この記事を読み、ご自身のグリップを確認してみて下さい。

テニスのバックボレーにおけるグリップの握り方の違いによる影響とは?

あなたはバックボレーにおけるグリップの薄い・厚いの違いと特徴について理解していますか?

まず、薄いグリップ(コンチネンタルグリップ以上)の特徴を見ていきましょう。

・自然な関節角度で適切なラケット面をつくると打点の位置が身体の後ろ側になる。(身体の前側で打とうとすると手首を背屈しなくてはいけなくなる。)

・強く厚い当たりが打ちにくいが、スライスなどのアレンジが効かせやすい。

・ラケット面が上向きになりやすいため、ローボレーは打ちやすいがハイボレーを強打しにくい。

次に、厚いグリップ(バックハンドイースタングリップ以上)には、以下のような特徴があります。

・自然な関節角度で適切なラケット面をつくると打点の位置が身体の前側になる。

・強く厚いあたりが打ちやすいが、スライスなどのアレンジが効かせにくくなる。

・ラケット面が下向きになりやすいため、ハイボレーは強打できるがローボレーのコントロールが難しくなる。

このように、グリップの握り方が薄い・厚いに偏るとショットの得意・不得意がはっきりと表れるのです。

テニスのバックボレーの最適なグリップの握り方

ボレーを含むすべてのショットでは、どのような状況でも効果的なショットを確率良く打てるフォームが求められます。

そのひとつの要素としてグリップの握り方はとても重要です。

テニスでは、グリップの握りは厚い・薄いに偏らず、許容範囲内に収まっていることが重要になります。

バックボレーの許容範囲は、コンチネンタルグリップ~バックハンドイースタングリップだと考えています。もしバックボレーが両手の場合は、添えるように反利き手をつけると良いでしょう。

その中でもおすすめの握り方が、コンチネンタルグリップとバックハンドスタングリップのちょうど中間です。

なぜなら、手首や肘などの関節やその動きに関与する筋肉に無理なく理想的な打球面を作りやすいからです。

グリップが許容範囲から外れると、手首を背屈・掌屈させたり、肘を曲げ伸ばししたりして理想的な打球面を作らなくてはいけないため、複雑な関節角度に固定しなければいけなくなり、手首に負担がかかり怪我をする恐れもあります。

また、小指がグリップエンドのヒール(グリップ下端の出っ張り)から外れるような持ち方、極端に短く握るような持ち方、人差し指だけを伸ばすような持ち方は避け、右手の小指がヒールにかかるように自然な形で握るようにしましょう。

このように、ボレーでは自然な関節角度で理想的なラケット面を作れるようなグリップの握り方をすることで、思い通りにショットを操れるようになるのです。

まとめ

今回は、バックボレーに最適なグリップの握り方について詳しく解説しました。

ボレーは、スマッシュと共にネットプレーで相手にとどめを刺す役割を果たすショットの1つです。

レベルが上がれば上がるほど、ラリーは長くなりベースライン付近からエースを取ることが難しくなるので、ネットプレーの重要性は高まります。

そのため、ネットプレーに出たらパンチのあるボレーを簡単に打てる技術を身に付けておくことが大切になります。

ぜひ、今日からは積極的にボレーの練習に取り組みましょう。

関連記事

  1. テニスのフォアボレーの正しいグリップの握り方とは?

  2. テニスのフォアボレーにおける手首の使い方とは?

  3. ライジングで打つ!テニスにおける足元のハーフボレーの打ち方とコツ

  4. テニスのフォアハンドボレー・バックハンドボレーの打ち方の基本の「き」

  5. テニスにおけるバックボレーの手首の使い方とは?

  6. 【保存版】テニスのフォアボレー・バックボレーの打ち方(フォーム)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP