テニスの上達法と練習方法

スマッシュの打点の位置は?ボールの落下点を見極めるコツは左手にあり!

スマッシュは、ネットの近くから高い打点でボールを打ちこむことのできるとても簡単なショットです。

唯一難しい点があるとすれば、ボールの落下点を正確に見つけ、そこに移動し、適切な打点でボールを打つことでしょう。

それが出来なければスイングスピードを落としてラケットにボールを当てるだけのスマッシュになってしまい、相手にパッシングショットを打つチャンスを与えてしまいます。

今回は、スマッシュの打点の位置について、適切な打点の位置とそこに移動するためのコツについて解説したいと思います。

もし、あなたがスマッシュの空振りやフレームショットに困っているなら、この記事がひとつの答えを出せるでしょう。

テニスのスマッシュにおける適切な打点の位置とは?

理想的な打ち方をするためには、効果的なショットを確率良く打てる打点が求められます。

テニスでは、スマッシュに限らず打点で打球方向・スピード・回転方向・回転量などのショットの良し悪しが全て決まります。

つまり、打点の位置さえ間違えなければ良いショットを打つことが出来るのです。

スマッシュの打点は、やや下向きのラケット面で重心よりも前側(ネット側)のラケットが自然に通るところで取ることが重要です。

なぜなら、1)ボールを相手コートに入れるためには先に述べたラケット面の角度になることが合理的だから、2)人は重心よりも前側でなくては効果的に力を発揮することが出来ないから、3)運動連鎖で生まれた自然なスイングを阻害するような打点ではコントロール・威力が共に半減するからです。

1)は、そのままなのでこれ以上の解説は必要ないと思います。

ラケット面の角度で飛ぶ方向が決まります。スマッシュの場合は、ネットより高いところから打ち込むため、やや下向きの面で打球しましょう。

2)は、なにか物を押す場面を考えるとわかりやすいでしょう。

人は必ず肩-肘-手が身体の前側(視界に入る空間)に位置する状態で物を押すでしょう。なぜなら、重心よりも前が1番力を発揮しやすいことを知っているからです。

打点が重心よりも後ろ側になると大きなロスになってしまうのです。

3)も、そのままなのでこれ以上の解説は必要ないと思います。

自然なスイングでラケットが通る場所が適切な打点になります。基本的には、ラケットを持っている側の肩の真上をラケットが通るスイングが自然でしょう。

スマッシュでボールの落下点と打点の位置を合わせるには左手が重要!

結論から言うと、先に解説した打ちやすい打点とボールの落下点を合わせるためには、左手(非利き手)の使い方がとても重要です。(ここからは読者は右利きであると仮定して話を進めます。)

ロブが上がったら常に挙げた左手でボールを取れるところを目印に距離感を合わせることが重要です。

もう少しわかりやすく言うならばボールを挙げた左手でキャッチできるように動きましょうということです。

風が吹いていようが、太陽が出ていようが、常に目と左手の延長線上にボールがあるように動き続けるのです。

そのため、相手がロブをあげてきたら左手を左耳に沿うように挙げることが重要です。

中途半端に斜めに挙げたり、ロブが上がっているにもかかわらず準備を怠っていたりすると適切な位置に適切なタイミングで動くことは難しいでしょう。

ボールの落下点に移動さえできれば、ボールが打点の位置を通過する直前にラケットを振り出せば、スイートスポットでボールを捉えて、スパーンと気持ちよく強打することが出来るでしょう

このように、スマッシュでボールの落下点と打点を合わせるためには、左手の使い方が非常に重要なのです。

まとめ

スマッシュは、気持ちよく決めきることで試合の流れを掴むことが出来るショットです。

その一方で、ミスをすると相手に流れが行ってしまうショットでもあります。

そのため、簡単なショットだからといって甘く見ずに、丁寧に動き、スイングをすることが重要です。

試合で無意識に打てるようになるまで、反復練習を繰り返すことで、試合の緊張する場面でも決めきることが出来るようになるでしょう。

関連記事

  1. 【保存版】テニスのスマッシュの打ち方(フォーム)

  2. テニスのスマッシュの速度(スピード)を上げる方法とは?

  3. テニスのスマッシュを確実に決めるための打ち方のコツとは?

  4. テニス初心者がスマッシュの空振りや当たり損ねを防ぐ方法とコツ

  5. テニスのスマッシュの正しいグリップの握り方とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP