テニスの上達法と練習方法

テニスの両手バックハンドストロークで押さえるべき基本とは?

バックハンドストロークはテニス初心者のほとんどがフォアハンドストロークの次に習うショットであり、多くのテニスプレーヤーにとってベースラインプレーの安定感を支えるショットの1つです。

そのため、理にかなったフォームをしていなければスピード・回転量などの威力やコントロールが安定せず、試合の主導権を相手に渡すことになるでしょう。

しかし、このような重要なショットであるにもかかわらず、「なかなか安定しない。」、「力が入らず、強打できない。」、「回転がかからない」など苦手意識を感じている人は少なくありません。

今回は、両手打ちバックハンドストロークにおいて押さえておくべき3つの基本について解説をします。

「これさえ押さえればなんとかなるよ!」という内容になります。

では、内容に入っていきましょう。

テニスにおける両手打ちバックハンドストロークの役割とは?

まず、本題に入る前にそもそもバックハンドストロークはどのような役割を担うべきショットなのかを考えてみましょう。

なぜなら、テニスにおいて「技術」は「戦術」を遂行するための手段であり、「戦術」は試合に勝つための手段に過ぎないからです。

どうしても練習というと技術を身に付けることが目的化してしまい、本来のあるべき目的を見失いがちです。

その技術を身に付けてどのように使うのかを最初にはっきりさせておかないと間違ったゴールに向かってスタートをきることになるのです。

バックハンドストロークは、テニスにおいて主に攻撃・中間・守備において安定感をもたらす役割を持ちます。

最近は多くの人が両手打ちバックハンドストロークを採用しているでしょう。

そのため、片手打ちよりもスイングが安定しやすく、ショットの再現性が高まり、安定した打球を生み出すことが出来るのです。

プロテニス選手の試合を観ると如実に現れますが、ラリー戦になると安定しやすくエースを取られにくいバックハンドストロークのクロスラリーを中心として、自分が展開するチャンスを待つケースが多くなります。

つまり、両手打ちバックハンドストロークでは、安定したボールを何度でも繰り出せる再現性の高いフォームを身に付けることがテニスの道理に合った打ち方だと言えるのです。

テニスの両手打ちバックハンドストロークの基本3ポイント

では、「バックハンドストロークで押さえるべき3つの基本とは?」という本題に入りたいと思います。

僕は、打ち方のチェックポイントとして、以下の3つの要素を大切にしています。

  1. 再現性が高いフォームであること
  2. エネルギー効率の良いフォームであること
  3. 状況に関わらず効果的なショットを生み出せるフォームであること

では、これらを頭の片隅において具体的な打ち方の解説をしていきましょう。(以下は、右利き両手打ちのバックハンドストロークと仮定して解説します。)

テニスの両手打ちバックハンドストロークの基本:グリップの握り方

理想的な打ち方をするためには、どのような状況でも効果的なショットを確率良く打てるグリップの握り方が求められます。

グリップの握りは許容範囲内に収まっていることが重要です。

グリップの許容範囲は、左手:イースタングリップ・右手:コンチネンタルグリップ~バックハンドイースタングリップだと考えています。

根拠としては、手首や肘などの関節やその動きに関与する筋肉に無理なく理想的な打球面を作りやすいこと、フォアハンドストロークからグリップチェンジがしやすいことが挙げられます。

左手・右手のグリップどちらかが許容範囲から外れると、理想的な打球面を作るために手首を背屈・掌屈させたり、肘を曲げ伸ばししたりして、複雑な関節角度をつくって固定しなくてはいけなくなります。

また、右手の小指がグリップエンドのヒール(グリップ下端の出っ張り)から外れるような持ち方や、左手と右手を離すような持ち方をしている人を見かけますが、ラケット面が不安定になるのであまり感心しません。右手の小指がヒールにかかるように握りましょう。

つまり、シンプルに理想的な打球面が作れる=確率良く狙ったところにボールを打てるので、グリップの握りは先に述べた許容範囲内に収めるべきなのです。

テニスの両手打ちバックハンドストロークの基本:テイクバック

理想的な打ち方をするためには、どのような条件下でも確率良く適した打球面が出てきやすいテイクバックが求められます。

テイクバックは再現性の高いシンプルな構造であることが重要です。

テイクバックは左足の股関節の内転によって構えの形から自然な上半身のターンが起こるのが理想です。

よくある間違いは最初からネットに対して横向きになり、さらにそこから手でラケットを引くようなテイクバックです。

このようなテイクバックでは、準備が小さくなりすぎたり大きくなりすぎたりして、パワーロスや振り遅れの原因になります。

また、バックハンドストロークのテイクバックにおいて上半身はリラックスし「両肩-両肘-手の五角形」から「両肩-手の三角形」の範囲に収めることが重要です。

形に関わらず、手でラケットを引くのではなく股関節から生まれる自然な上半身のターンで横向きがつくられるようにしましょう。

つまり、テイクバックは手で引くものではなく、軸足のタメと同時に起こる上半身のターンによって自然に起こるものなのです。

テニスの両手打ちバックハンドストロークの基本:打点

理想的な打ち方をするためには、どのような状況でも効果的なショットを確率良く打てる打点が求められます。

なぜなら、打球方向・スピード・回転方向・回転量(スピン)などのショットの良し悪しが全て決まるからです。

打点は地面と垂直からわずかに下向きのラケット面で重心よりも前(おへそよりも前のネット側)で取ることが重要です。

なぜなら、1)ボールを相手コートに返すためには先に述べたラケット面の角度になることが合理的だから、2)人は身体の前面側でなくては効果的に力を発揮することが出来ないからです。

前者は、そのままなのでこれ以上の解説は必要ないと思います。

ラケット面はボールの入射角と反射角を踏まえて、先に挙げた角度でボールと衝突することが理想的です。

後者は、なにか物を押す場面を考えるとわかりやすいでしょう。

人は必ず肩-肘-手が身体の前側(視界に入る空間)に位置する状態で物を押すでしょう。なぜなら、身体の前側が1番力を発揮しやすいことを知っているからです。

肘が背中の後ろ側に入り、打点が重心よりも後ろ側になると大きなロスになってしまうのです。

もし、あなたがバックハンドストロークで詰まったような感覚があるならば、ボールを打つ時の肘やラケットの位置を確認すると良いでしょう。

また、打点の高さや遠近はグリップの握り方によって変わるので、一概には言えませんが、グリップの握りが厚いほど高い・近い、グリップの握りが薄いほど低い・遠いになります。

ただ、強いて言うならば、バックハンドストロークは、フォアハンドストロークと比べて高い打点が打ちにくい傾向にあるので、肩よりも高い打点にならないように意識すべきでしょう。

このように、ショットの全てを決める打点は地面と垂直からやや下向きのラケット面が身体の前側(ネット側)に出てくるようにすべきなのです。

まとめ

両手打ちバックハンドをより良くしたいなら「グリップの握り方」、「テイクバックのやり方」、「打点の取り方」の3ポイントは押さえるようにしましょう。

どのショットにも必ずその人の個性があって良いとは思いますが、テニスというスポーツの性質上これだけは外せない基本というものがあります。

もちろん、根本的な技術の修正には時間がかかります。

ただ、それが出来るようになったときには、きっと「やって良かった!」と思えるはずです。

ぜひ、この3つの基本を押さえてよりよいバックハンドストロークを目指してみてください。

関連記事

  1. 【保存版】テニスの片手打ちバックハンドストロークの打ち方(フォーム)

  2. テニスの両手打ちバックハンドストロークのグリップの握り方とは?

  3. テニスのバックハンドストロークにおける両手打ちと片手打ちの違いとは?

  4. テニスの片手バックハンドストロークで押さえるべき基本とは?

  5. テニスの両手打ちバックハンドストロークのコツとは!?

  6. 【保存版】テニスの両手打ちバックハンドストロークの打ち方(フォーム)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP