テニス初心者に読んで欲しい記事まとめ

【保存版】テニスのリターン(レシーブ)の打ち方(フォーム)

こんにちは、テニスコーチの高田です。

今回は、リターン(レシーブ)の打ち方について解説をします。

テニスにおけるリターンの役割から理想的なフォームを導き出し、プロテニスプレーヤーの動画と連続写真を分析・図解し、打ち方を身に付けるために必要な練習方法について言及したいと思います。

リターンは、相手のサーブをコートに返すためのショットであり、初心者から上級者までレベルに関わらず身に付けなくてはならないショットの1つです。

そのため、理にかなったフォームをしていなければ相手のサーブを返すことが出来ず、試合の主導権を握ることは難しいでしょう。

あなたはリターン(レシーブ)に苦手意識をもっていませんか?

空振りやフレームショットが多く安定しない。

アウトミス・ネットミスが減らない。

スピンサーブのような弾むサーブ、スライスサーブのような曲がるサーブ、フラットサーブのような速いサーブを返せない。

いくら練習してもコツが掴めず上達しない。

もし、このような課題を感じているならば、この記事を最後まで読み、実践することで改善されること間違いなしでしょう!

では、内容に入っていきましょう。

テニスにおけるリターン(レシーブ)の役割とは?

まず、本題に入る前にそもそもリターンはどのような役割を担うべきショットなのかを考えてみましょう。

なぜなら、テニスにおいて「技術」は「戦術」を遂行するための手段であり、「戦術」は試合に勝つための手段に過ぎないからです。

どうしても練習というと技術を身に付けることが目的化してしまい、本来のあるべき目的を見失いがちです。

その技術を身に付けてどのように使うのかを最初にはっきりさせておかないと間違ったゴールに向かってスタートをきることになるのです。

リターンは、サーブ=攻撃をコートに返球するもしくは状況を中間に戻すための守備的な役割を果たします。

リターンはいかなる場合も守備であり、相手コートに返球して1球多く相手に打たせることが最も重要であることを理解しましょう。

つまり、リターンでは、スピード・回転・コースなど様々に変化するサーブを確率良く相手コートに返すことの出来るフォームを身に付けることがテニスの道理に合った打ち方だと言えるのです。

テニスのリターン(レシーブ)の理想の打ち方のポイントとは?

では、「リターンの理想的なフォームとは?」という本題に入りたいと思います。

僕は、打ち方のチェックポイントとして、以下の3つの要素を大切にしています。

  1. 再現性が高いフォームであること
  2. エネルギー効率の良いフォームであること
  3. 状況に関わらず効果的なショットを生み出せるフォームであること

では、これらを頭の片隅において具体的な打ち方の解説をしていきましょう。(以下は、右利きのリターンと仮定して解説します。)

※この解説の次にプロテニスプレーヤーのリターンの打ち方の分析を画像・動画を使って行うので、言語的・視覚的に理解を深めて下さい。

テニスのリターンの身体の使い方

理想的な打ち方では、効率的なエネルギーの伝達が出来る身体の使い方が求められます。

リターンは、ストロークやサーブほど複雑な構造でも、ボレーほど単純な構造でもありません。

イメージとしては、ストロークとボレーの中間の構造をしていると考えればいいでしょう。

自分のスイングと相手のサーブの衝突によってリターンは出来上がります。

リターンの身体の使い方で大切なのは「体重移動」、「身体の回転」、「部位結合による質量の増加」です。

リターンのエネルギーは並進運動と回転運動と衝突運動によって生まれます。

そのため、軸足から踏み込み足への効率的な体重移動と背骨を軸とした身体の回転と衝突する質量の増加が重要です。

コツは、ボレーと同じように「スプリットステップ → 軸足のセット・テイクバック → 打点・踏み込み」の3拍子を相手のサーブのスピードや変化に合わせて行うことで効率的に体重移動をボールへと伝えることが出来ます。

また、ラケットや小手先だけでなく、「体幹-上腕-前腕-手-ラケット」を1つの部分として質量を大きくし、ボールと衝突させることで、衝突で生まれるエネルギーを大きくすることが出来ます。打点で自然な関節角度(例:手首はジャンケンのグ―の形など)を保てているかを確認しましょう。

例えば、手首をこねるように使ったり、手首の返しを使ったり、腕を捻るように使ったり、肩に力が入り脇が空いたりすると、いわゆる「手打ち」の状態になります。

もちろん、アレンジの効かないガチガチな状態では臨機応変に対応できないので、適切な力感で関節を保ちましょう。

つまり、手首など末端の関節を緩めずに、リズムよく相手のサーブに対してコンパクトなスイングをすることが重要なのです.

テニスのリターンの打点の取り方

理想的な打ち方では、どのような状況でも効果的なショットを確率良く打てる打点が求められます。

テニスでは、打点で打球方向・スピード・回転方向・回転量などのショットの良し悪しが全て決まります。

打点は、相手のサーブの軌道に合わせた適切なラケット面で重心よりも前(ネット側)で取ることが重要です。

なぜなら、1)ボールを相手コートに返すためには相手のショットを鏡のように返せるラケット面の角度になることが合理的だから、2)人は身体の前面側でなくては効果的に力を発揮することが出来ないからです。

前者は、そのままなのでこれ以上の解説は必要ないと思います。

ラケット面はボールの入射角と反射角を踏まえて、高く弾むスピンサーブであればやや高い打点でラケット面はわずかに下向き、中間のフラットサーブ・スライスサーブであれば平均的な打点でラケット面はほぼ垂直になるようにしましょう。

後者は、なにか物を押す場面を考えるとわかりやすいでしょう。

人は必ず肩-肘-手が身体の前側(視界に入る空間)に位置する状態で物を押します。なぜなら、身体の前側(重心より前側)が1番力を発揮しやすいことを知っているからです。

サーブのスピードに振り遅れて、肘が背中の後ろ側に入り、打点が重心よりも後ろ側になると大きなロスになってしまうのです。

このように、ショットの全てを決める打点は相手のサーブの軌道に対して適切なラケット面が身体の前側(ネット側)に出てくるようにすべきなのです。

テニスのリターンのグリップの握り方

理想的な打ち方では、どのような状況でも効果的なショットを確率良く打てるグリップの握り方が求められます。

テニスでは、グリップの握りは許容範囲内に収まっていることが重要です。

グリップの許容範囲は、ストロークと同じです。

なぜなら、手首や肘などの関節やその動きに関与する筋肉に無理なく理想的な打球面を作りやすいからです。

グリップが許容範囲から外れて極端に厚い・薄いと、理想的な打球面を作るために手首を背屈・掌屈させたり、肘を曲げ伸ばししたりして複雑な関節角度になり、サーブのような速いショットに対して咄嗟に反応することが出来ないだけでなく怪我の可能性も高まります。

また、小指がグリップエンドのヒール(グリップ下端の出っ張り)から外れるような持ち方や極端にグリップを短く握るような持ち方はせずに、小指がヒールにかかるように握りましょう。

ただし、身体から極端に遠いサーブや速いサーブに対してはボレーのような薄いグリップに持ち替えてブロックするなど柔軟な対応が求められます。

つまり、関節が自然な角度で理想的な面が出来るようなグリップの握り方をすることがリターンでは重要なのです。

テニスのリターンのテイクバックのやり方

理想的な打ち方では、どのような条件下でも確率良く適した打球面がタイミングよく出てきやすいテイクバックが求められます。

テニスでは、テイクバックは再現性の高いシンプルな構造であることが重要です。

リターンのテイクバックは軸足の位置を決めたときに起こる股関節の内転による上半身の自然なターンで完了し、サーブの軌道に合わせてラケットをセットする高さを合わせるのが理想です。

手でラケットを引くのではなく股関節から生まれる自然な上半身のターンで横向きを作ると同時に、ラケットを持つ腕の高さを変えることで相手のサーブの軌道の真後ろにラケットが準備されるようにしましょう。

手でラケットを引く=手でラケットをスイングする、ボールとラケットの高さが違う=速い直線的なボールに対して軌道外から合わせるようなスイングをすることになるので、先に解説した身体の使い方や打点が破綻しやすくなることは明らかです。

特にリターンは、相手のショットスピードや変化が大きいため、予備動作が大きくなればなるほど難しいショットになってしまうのです。

つまり、テイクバックは手で引くものではなく、軸足の位置を決める同時に起こる上半身のターンと準備の高さの調節によってよりコンパクトに行うものなのです。

テニスのリターンのスイングのやり方

理想的な打ち方では、どのような条件下でも確率良く適した打球面がボールと衝突するスイングが求められます。

テニスでは、スイングはシンプルかつスムーズであることが重要です。

リターンのスイングは、軸足から踏み込み足へと並進運動と身体の回転運動によって起こり、一切手でラケットを動かすことはありません。

テイクバックで準備出来た理想的なラケット面を相手のサーブに対して正確にぶつけるために地面と平行に体重を移動、身体を回転すること意識しましょう。

もちろん、臨機応変な対応が必要になるため関節をガチガチに固めてはいけませんが、ある程度の固さを保つことが重要です。

つまり、リターンのスイングはボレーのコンパクトさとストロークの力強さの中間を取って行うべきなのです。

テニスのリターンのフォロースルーのやり方

理想的な打ち方では、どのような条件下でも理想の打点でエネルギーが最大化するためのフォロースルーが求められます。

テニスでは、フォロースルーはスイングの惰性で行われることが重要です。

打球後のフォロースルーではどのような動きをしても、打球に影響を与えることは一切ありません。

そのため、テイクバックから打点までのスイングの軌道や体重移動の流れを崩さないためにも、フォロースルーで何か随意的なアクションを起こさないことが重要です。

特にリターンでは、スイングの軌道がずれるのは致命的なので、手だけでフォロースルーを行うようなことがあってはいけません。

フォロースルーで何か無駄な動作を付け加えようとすると力みが生じ、そこまでのスイングも破綻してしまうのです。

つまり、準備したラケット面をそのままにスイングの惰性でフォロースルーをすることが重要なのです。

このようなポイントに気を付けて、自分に合った打ち方が出来るようになると、安定感と攻撃性を両立したリターンを打てるようになるのです。

プロテニスプレーヤーのリターン(レシーブ)を動画・連続写真で解説

言葉だけではわかりにくい部分も多々あるので、ここからはプロテニスプレーヤーのリターンの動画・画像をみながら解説しようと思います。(以下の動画・画像は全てYoutubeから引用しています。)

今回取り上げるプロテニスプレーヤーは、ノバク・ジョコビッチ選手とロジャー・フェデラー選手です。

まずは一度スロー動画をみて、その後連続写真の解説を読むとわかりやすいと思います。

ノバク・ジョコビッチのリターンの打ち方を動画・連続写真で解説

ノバク・ジョコビッチ選手は機械のように正確なショットを繰り出すベースライナーです。リターンも非常に上手く、返球率が最も高い選手のうちの1人です。

では、連続写真でスプリットステップ~フォロースルーまでをみていきましょう。

両足を適度に広げてレディポジションの形でスプリットステップをします。

軸足(右足)の股関節の内転によって、サーブの弾道に合わせてコンパクトなテイクバックを行います。

スイングは、サーブの軌道に合わせてほぼ地面と水平に体重移動と股関節の外転による身体の回転によって行います。このとき、既にラケット面の形が打点のラケット面と同じになっている=多少タイミングがずれても返球することが出来るようになっています。

打点では、ほぼ地面に対して垂直なラケット面を左足の踏み込みによってボールと衝突させます。このとき、手首や肘等の関節は自然な角度を保っています。

フォロースルーでは、打点での面を残す=多少タイミングがずれても返球することが出来るようにしています。無駄な動作をせずにスイングの惰性で振り抜くことが出来ています。

ロジャー・フェデラーのリターンの打ち方を動画・連続写真で解説

ロジャー・フェデラー選手は、芸術的なショットを繰り出す攻撃的オールラウンダーです。全てのショットをコントロールすることが出来る数少ない選手です。

では、連続写真で構え方~フォロースルーまでをみていきましょう。

目線を落とした低い構えをしています。

コート内にステップインし、スプリットステップを行っています。

軸足(左足)の股関節の内転によって、サーブの弾道に合わせてコンパクトなテイクバックを行います。

スイングは、サーブの軌道に合わせてほぼ地面と水平に体重移動と股関節の外転による身体の回転によって行います。このとき、既にラケット面の形が打点のラケット面と同じになっている=多少タイミングがずれても返球することが出来るようになっています。

打点では、安定したほぼ地面に対して垂直なラケット面を踏み込みによってボールと衝突させます。このとき、手首や肘等の関節は自然な角度を保っています。

フォロースルーでは、無駄な動作をせずにスイングの惰性で振り抜いていきます。

このように、リターンはサーブの回転・スピード・コースの変化に合わせる守備のショットなので、臨機応変に対応できる許容範囲の大きな打ち方をすることが重要です。

テニスのリターンの練習メニューと意識すべきこと

では、このような理想的なリターンの打ち方を身に付けるためにはどのような練習方法と心がけが必要なのでしょうか?

僕は技術練習には、以下の3つの段階があると考えています。

  1. 学習段階(技術を学ぶ):新しい技術動作を身に付ける。
  2. 自動化段階(技術を定着させる):身に付けた技術動作が意識せずにできるようになる。
  3. 応用段階(技術を使いこなす):様々な状況下で技術を効果的に使えるようになる。

では、それぞれの段階でどのような練習メニューと意識が必要なのか解説していきましょう。

1. 学習段階

学習段階では、正しく新たな技術を身に付けることが目標なので、負荷のかからない状況で丁寧な練習をすることが重要です。

練習メニューとしては、リターン練習(ベースラインからの一定のサーブを返す)がおすすめです。

リターン練習では、ほぼその場に高さ・コース・スピード・回転が一定なサーブを打ってもらい正しい動作で繰り返しボールを打てるようにしましょう。

「スプリットステップ・テイクバック・打点」の3拍子のリズムで、コンパクトなスイングをして相手コートに同じような球筋のリターンを返せるようにしましょう。

相手がサーブを打った場所にそのまま直線的に返るようなリターンを打てるようになりましょう。

このように、学習段階では正しい動きを覚えて、何度も繰り返し反復するような練習をすることが重要です。

リターン練習でほとんどのリターンが相手のもとへ返るようなったら、次の段階に進みましょう。

2. 自動化段階

自動化段階では、身に付けた技術を定着させることが目標なので、負荷のかからない状況と負荷のかかる状況を混ぜて練習することが重要です。

練習メニューとしては、リターン練習(ベースラインからの一定のサーブを返す・コース(ワイド・ボディ・センター)やスピードや回転に変化のついたサーブを返す・1st/2ndサーブのリターンを打てるようにする)、サーブからのラリー練習(ルール付き)がおすすめです。

リターン練習では、変化のついたサーブや1st/2ndサーブのリターンの打ち分けをできるようにしましょう。また、構える位置(立ち位置)やステップインにも変化をつけるようにしましょう。

負荷をコントロールして、身に付けた技術の強度を高めていくことが重要です。

コース・スピード・回転をいち早く判断し、適した準備を行いリターンできるようにしましょう。

2ndサーブのリターンではコートの内側にステップインし、多少攻撃的なリターンが出来るようにしましょう。

サーブからのラリー練習では、サーブのコースを限定してリターンからその後の展開に繋げる練習をしましょう。

このように、自動化段階では負荷を加えて技術の強度を高める練習、丁寧に調整を行い技術の正しさを保つ練習を両立して繰り返すことが重要です。

様々なサーブに対して正しい動作を連続して行えるようになったら、次の段階に進みましょう。

3. 応用段階

応用段階では、様々な状況で身に付けた技術を使いこなすことが目標なので、試合と同じもしくはそれより大きな負荷のかかる状況で練習することが重要です。(ただし、技術は生ものなので崩れてきた場合は負荷のかからない状況での練習で修復・強化することが必要です。)

練習メニューとしては、リターン練習(ランダムに打ち分けられたサーブを返す・コート内から打たれたサーブを返す)、練習試合がおすすめです。

リターン練習では、ランダムに打ち分けられたサーブやベースラインよりも前から打たれたサーブをリターンできるようにしましょう。

自動化段階よりも更に負荷をかけることが重要です。

練習試合では、試合中の状況判断に応じて効果的なリターンを繰り出すことができるようにします。シングルス・ダブルス共にリターンのコースをきちんと狙いましょう。

試合になったら打ち方ではなく戦術の変更やとっさの状況変化に臨機応変に対応することができる技術が身に付いているかを試すことが重要です。

このように、応用段階では更に負荷を加えて技術の強度を高める練習、戦術を試す実践的な練習を行うことが重要です。

また、打ち方を身に付けることが練習のゴールにならないように、これらの段階全てでラケット-ボール-身体の扱いが上手くなるようなコーディネーショントレーニングやフィジカルトレーニング、セオリーや戦術理解を高めるようなタクティクストレーニングを併せて行うべきです。

このように、自分の習熟度合によって練習をコントロールすることが重要です。

いわゆる「伸び悩み」は、自分がすべき練習よりも強度が高すぎる・低すぎることによって起こるのです。

まとめ

今回は、リターンのテニスにおける役割・理想的な打ち方・練習方法について詳しく解説しました。

リターンは、相手の攻撃(サーブ)を食い止める役割を果たす技術です。

レベルが上がれば上がるほどサーブのレベルが上がるので、それをきちんと相手コートに返す、連続で攻撃されないような効果的なボールを返す、チャンスがあれば攻撃することが出来るような技術を身に付けなくてはいけません。

そのため、シンプルかつアレンジの効くリターンの技術を身に付けることが重要です。

「どのくらい練習すれば理想的なフォームが身に付きますか?」という質問には「その人によって異なります。」としか答えることができません。

ただ、誰でも出来るまで練習し続ければ出来るようになることは確かです。

もし、あなたが本気で「上手くなりたい!」、「勝ちたい!」と思うなら、僕は全力で応援したいと思います。

関連記事

  1. テニスのサービスレシーブを確率良く返すためのコツとは?

  2. 【保存版】テニスのフォアボレー・バックボレーの打ち方(フォーム)

  3. テニスのリターンのときのグリップの握り方とは?

  4. テニス初心者がスマッシュの空振りや当たり損ねを防ぐ方法とコツ

  5. テニスのサービスリターンを確率良く返すためのコツとは?

  6. 【保存版】テニスのフォアハンドストロークの打ち方(フォーム)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP