Loading

BLOG

テニスのフォアハンドストロークで手首は脱力すべき?固定すべき?

あなたはフォアハンドストロークにおいて、手首にどのような意識を持っているでしょうか?

今回は、テニスのフォアハンドストロークで、手首は脱力すべきかあるいは固定すべきかについて、解説をします。

フォアハンドストロークは、テニス初心者のほとんどが最初に習うショットであり、全てのテニスプレーヤーにとってプレーの中心となる基本のショットです。

そのため、理にかなったフォームをしていなければ安定感やスピード・回転量(スピン)などの威力が落ち、試合の主導権を握ることが難しくなります。

フォアハンドストロークは嫌いじゃないけど、どうしても安定しない。

オーバーミスが多い。

回転がかかりすぎてしまい、どうしても打ち込まれてしまう。

面の真ん中に当たらず、ミスショットが多い。

そんな悩みをかかえてはいないでしょうか。

重要なのは理想的なフォームで打ち、回転量、スピードの調節、安定感がどのショットよりも求められるのです。

さっそくですが、内容に入っていきましょう。

フォアハンドストロークで手首を脱力することで得られるメリット

手首を脱力することで得られるメリットは、打点の許容範囲が広がること、およびボールに多くの回転をかけやすくなることです。

フォアハンドを含む全てのショットは基本的に、足を打点まで運び、常に同じ高さ・距離感でボールを打てるように練習すべきです。

なぜなら、打点が低すぎたり高すぎたり、遠すぎたり近すぎたりすると、理にかなった効率的なスイングをするのが難しくなるからです。

とは言っても、常に理想の打点で打つことはとても難しいです。

試合やポイントでは、自分のいるところにボールは飛んできません。

前後左右振られながら、どうにか打点に入りラリーを組み立てていくでしょう。

いくら足を動かして打点に入ろうとしても、打点が合わない事はあります。

その時に微調整で使うのが手首です。

手首はラケットの面の向きと密接に関係するため、少し手首を調節するだけで相手コートにボールを返せるラケット面を作ることができます。

追い込まれた場面でギリギリボールに届いたときにボールをコートに返しやすくなります。

この特徴をしっかりと生かせば、今まで入らなかったショットもコートに収められるでしょう。

これが、手首を使うメリットなのです。

また、フォアハンドストロークにおいてスピンをかける際には、いかに下から上へのスイングスピードが上がっているかが回転量に大きく影響するため、手首を脱力していることでスピンがかかりやすくなるというメリットもあるでしょう。

フォアハンドストロークで手首を固定することで得られるメリット

上記では手首を脱力して使うメリットを詳しく解説しましたが、フォアハンドの基礎としては手首は基本的に固定しておいた方が良いでしょう。

手首を固定することで得られるメリットは、打点時のラケット面が安定しすることです。

【保存版】テニスのフォアハンドストロークの打ち方(フォーム)」のページではロジャー・フェデラーのフォアハンドストロークの打ち方、およびノバク・ジョコビッチのフォアハンドストロークの打ち方を動画と写真で解説していますが、

打点を作る際には、肘・手首はテイクバックから安定した角度を保っていることが見てわかります。

フォアハンドストロークの最適な手首の角度は、自然にまっすぐとしているニュートラルな状態(じゃんけんのグー)がおすすめです。

この角度にしていれば余計な力みや手首への負担もかかりません。

手首の角度は、インパクトの瞬間だけではなく、テイクバックから打球後のフォロースルーが終わるまで維持するように意識すると良いでしょう。

テニスのフォアハンドストロークの手首は脱力と固定の中間を探そう

手首を脱力することと固定することを同時にはできません。

打点を作るまでは手首を固定しそこから手首を脱力するなど、脱力と固定の適切なバランスを探すことが鍵となります。

テニスにおける技術的な上達というのは、各筋肉の緊張と緩和が適切なタイミングで行われ、適切な運動連鎖が起こることです。

初心者はロボットのようなぎこちないスイングになりますが、プロがなめらかで美しいスイングになるのはそのためです。

僕としては、最初は固定重視から入り、ショットが安定してきたら徐々に脱力していき、ショットの威力を増していくべきだと思います。

これは一朝一夕では身に付かないため、練習を重ねて試行錯誤するしかありません。

最初からなめらかなスイングを身につけることはできないので、練習を積み重ねて徐々にプロのようなスイングを身につけましょう。

まとめ

今回は、テニスのフォアハンドストロークで、手首は脱力すべきかあるいは固定すべきかについて解説しました。

手首を脱力することでも、手首を固定することで得られるメリットはあり、その中間を探すことが重要となります。

そして、それは一朝一夕で身につくものではありません。

最初は固めて徐々に脱力という意識で練習を重ねることでフォアハンドストロークの上達に繋がると思います。

テニスの片手バックハンドストロークで押さえるべき基本とは?

痛い!テニスでフォアハンドストロークを打つと手首に痛みが出る原因

関連記事

  1. 力が入らないテニスのバックハンドストロークの高い打点の打ち方

    2021.05.19
  2. テニスのフォアハンドストロークの練習方法と練習メニュー

    2021.06.02
  3. テニスのフォアハンドストロークで意識すべき手首の角度とは?

    2018.12.18
  4. テニスのフォアハンドストロークは手首の返しで打つ!?

    2018.12.27
  5. テニスのフォアハンドストロークで押さえておくべき基本とは?

    2020.11.13
  6. テニスのフォアハンドストロークで手首を安定させる矯正方法とは?

    2021.05.16

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP