テニスのサーブの上達のコツと練習方法

テニスでスピンサーブを打つために適切なトスの位置とは?

サーブのコースや球種の打ち分けをするときのに最も気を付けなくてはいけないポイントのひとつがトスの位置です。

特に、スピンサーブとスライスサーブはトスの位置で打つ前から相手にばれてしまうことが多々あります。

その一方で、無理をしてトスの位置を変えようとすると逆にスイングが崩れて、ショットの安定感失われてしまうでしょう。

では、どこにトスを上げれば、スピンサーブの打ちやすさと相手に読まれにくさを両立することが出来るのでしょうか?

今回は、相手に読まれずにスピンサーブを打つのに適したトスの位置について解説します。

スピンサーブのトスの位置は頭の後ろ側!それってホント!?

スピンサーブを打つ人を観察していると、トスの位置を頭の後ろ側(背中側)にしていることが多いです。

確かに、トスを頭の後方にあげることで、スイングが下から上方向に行われるフェーズで打点をしやすくなる=ボールに縦回転を与えやすくなるため、スピンサーブが打ちやすくなります。

しかし、この場合はトスを上げた時点で、リターンの相手からする「スピンサーブが来る!」とわかってしまいます。

では、どこにトスを上げれば相手にバレず、なおかつ強いスピンサーブを打つことができるのでしょうか?

結論から言うと、トスはどの球種・コースのサーブであってもおでこの上もしくは打点時の身体の右肩の真上が理想的です。

しかし、同じトスの位置から様々な球種を様々なコースに打ち分けるためには、かなりの練習量を積み重ねる必要があります。

そこで妥協案としては、スピンサーブの時には他のサーブと比べてベースラインより後ろ側にトスを上げることをおすすめします。

なぜなら、トスの位置をベースラインと平行方向(左右)に変えるとレシーバーからトスの位置の違いが明確にばれてしまいますが、ベースラインと垂直方向(前後)の奥行で変えるとレシーバーはから見ると一見同じ位置にトスが上がっているように感じるからです。

また、スピンサーブの場合は、ラケットが下から上に上がっていきプロネーションが起こるスイングの段階でボールを打つため、スライスサーブやフラットサーブよりもトスをベースラインよりもやや後ろにあげることで、トスを背中側に上げたときのような打ちやすさを得ることが出来るでしょう。

このように、理想を言えばサーブのトスの位置は統一した方が良いですが、相手にバレないようにトスの位置を変えるには相手側から見たときの奥行をつかうことが重要なのです。

まとめ

トスの位置は、サーブの良し悪しを決める最も重要な要素のひとつです。

また、テニスにおいて唯一自分でボールの位置を決められる場面でもあります。

だから、いつでもベストなトスを追い求める必要があります。

相手に読まれず打ちやすい。

そんなトスの位置を探してみてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP